ダメージヘアにはアミノ酸シャンプーがおすすめ

見ろアルバイト > シャンプー > ダメージヘアにはアミノ酸シャンプーがおすすめ

ダメージヘアにはアミノ酸シャンプーがおすすめ

10代の頃、パーマやカラーなど髪に負担をかけすぎたのが原因なのか、20代半ばから髪がパサパサになってきました。今では、髪の内部がスカスカになっている感じがします。


このままでは、髪のダメージがひどくなって、とんでもないことになりそうな気がしています。何か対策を取らなければと、いろいろと調べてみました。


すると髪がダメージを負う原因にはキューティクルが開いた状態になってしまい、髪の内部が傷んでいることが考えられることが分かりました。


パーマやカラーをしすぎたのが原因でキューティクルが常に開いた状態になっているのだと考えました。キューティクルを閉じる方法はないのかと調べましたが、一旦、シャンプーやコンディショナーで常にキューティクルの代わりになるようにケアする必要があるようでした。


一旦、ダメージを負った髪が修復することはできないことも分かりました・・・。それ以上、ダメージを治すためではなく、ダメージを大きくしないためにケアが必要ということです。


ダメージヘアはカットするしかないということです。ショートヘアの場合には、毛先をカットしていけば、半年から1年である程度、健康毛に戻りますが、ロングヘアーの方は、ダメージ部分を全てカットし終わるには数年が必要ということです。


ロングヘアの方は毎日のヘアケアが大切で、ダメージ毛にならないようにするしかありません。


ヘアケアで一番大切なのは、どんなシャンプーを使うかということです


ドラッグストアで売っているような安価のシャンプーは、原料に石油が使われています。表示成分に「ラウリル硫酸~」とか「ラウレス硫酸~」と書かれているものは石油から作られています。


このように石油から作られたシャンプーは、「泡立ちがよく」「洗浄力も高い」
のでよく使われます。「原価が安い」ことも理由です。


しかし、洗浄力が強すぎて、頭皮を守るための皮脂まで根こそぎ取り除いてしまいます。また、髪にもダメージを与え、特にパーマやカラーで傷んだ髪には刺激が強すぎます。


そこで、洗浄力が適度にあって、保湿作用もあるアミノ酸シャンプーを使うことをおすすめします。


髪はケラチンというタンパク質からできており、タンパク質はアミノ酸から成っています。これほど髪に優しいシャンプーはありません。

最近では、CMCという髪のダメージを修復していくれる成分まで含まれたアミノ酸シャンプーもあります。


こちらのサイトで、ダメージを負った髪によいアミノ酸シャンプーを紹介しています。購入する際の参考にしてください。アミノ酸シャンプーは決して安くはありませんが、こちらのサイトでは、市販で比較的高くないアミノ酸シャンプーを紹介していましたよ。

市販のアミノ酸シャンプーならこちら



関連記事

  1. ダメージヘアにはアミノ酸シャンプーがおすすめ
  2. 抜け毛予防にアミノ酸シャンプー